融雪剤

昨年までは全く雪が降らず、今年は・・・と嘆いたいたスキー場に大寒波が押し寄せ一気に活気づいてきました。

しかし、それと相反して道路は圧雪状態になりました。シーズン初めての雪道運転は慣れておらず事故率もアップしています。今回は上手く運転する雪道のコツを紹介しますので、参考にしてくださいね!

1、冬用タイヤ

スキー場に行くのに夏用タイヤ+チェーンは出来れば避けたいもの。やはりスタッドレスタイヤを装着しましょう。チェーンは距離を長く走行すれば切れやすくなりますので、普段は降らない地方の方が、突然の雪が降った場合に使うもの、と思った方が良いです。

2、路面は滑るの?

路面の状態は様々です。圧雪、シャーベット、アイスバーン等々。滑り初めも路面状況で変わってくるのですが、どれ位のスピードなら滑らず、どれ位のスピードなら滑るのか分かるだけでも運転に余裕が出てきます。雪道になったら確認することをオススメします。

確認方法はいたって簡単!広い場所でブレーキを強く踏み、どれくらい強さで滑るのか確認するのです。感覚と合っていれば安心できますし、違っていれば「良かった」と思って感覚を修正できます。

3、車間距離は必ず開ける

雪道で車間距離を詰めて走る車を見かけますが、想像するだけで怖い。これは絶対にやめましょう!例えば、前の車はブレーキを踏んで止まっても、あなたの車が同じ距離で止まるとは限りません。雪道ではタイヤの種類や車の重量によって同じ条件でも止まれる距離が変わってきます。

4、ABSやTCSの安全装置に頼らない運転を!

今の車はABSやTCSの安全装置が付いていますので、危険な状態になったら助けてくれます。しかしですよ、これらの機能が作動する状態って既に危険な運転をしている証拠です。遂には限界を超えてしまい、機能が役立たなり、事故になってしまう・・・悪循環です。

4WD車は限界が高いので不安定な状態になりにくいのですが、限界を超えた時は重量がFFやFRよりも事故した時のダメージが大きくなる傾向にあります。FFやFRは限界が4WDに比べれば低く、無理な運転ができないためです。ただ、4WDでもジムニが別格です。重量が軽い4WDであるため雪道では一番安定して走行できます。

5、スピンしてしまったら?

もし、スピンしてしまったら運転に自信のない限り下手に逆ハンドルを切る操作はしない方がベターです。雪道ではハンドルの応答がイメージよりも遅れてきますので、大抵はハンドルを切りすぎて今度は反対方向にスピンしてしまいます。これを繰り返して、ドカン!って事故するパターンです。(タコ踊りともいいますが・・・)

スピンした時はハンドル操作はせず、自然の成り行きにまかせます。と言ってもこれは難しいかも?・・・慣れていないと逆ハンドルを切ってしまいますから。思い切ってハンドルから手を放すと車は自然と直進方向に向いてくれます。覚えておいて損はありませんよ。私も滑ったと思ったらハンドルは離し、状況確認します。

6、スタックしてしまったら?

スタックして抜け出せなくなったら場合、レッカー車を呼んで助けてもらうのが良いのですが、(任意保険会社によってはこのような場合のヘルプは無料のところもあります。また、JAFに入会している方も無料です)、無理な場合の緊急手段として3つ方法があります。

いずれも脱出するにはタイヤの摩擦を増やす方法です。1つ目は車に砂を積んでおき、タイヤと雪の間に砂を入れる、2つ目はフロアーカーペットをタイヤと雪の間に入れる、但し、後から取に行く必要があります。3つ目はタイヤの空気圧を下げて摩擦力をあげる、この場合は空気が抜けるようにハンディ空気圧計があると便利です。空気圧を測定する時に軽く押する空気が抜け、圧力も測定できますので。しかし、脱出後は速やかにガソリンスタンド等で空気を入れて下さいね。

7、帰宅後は車を洗車しましょう!

融雪剤

道路には融雪剤(塩化ナトリウム)が撒いてあり、乾燥すると上の写真のように白くなります。塩化ナトリウム=塩なんで、放置すると錆びの原因になってしまうので、早めに洗車しましょう。

融雪剤は夜間に作業車で散布することが多く、スキー場へ早朝・夜間移動する時なんかに遭遇したこともあるのでは?ただ、作業車のすぐ後ろを走行すると散布した融雪剤の粒がボディーに当たるので、そんな時は車間距離を開けるか、作業車が避けてくれるか、した方が無難です。

ちなみに、融雪剤は道路脇に置いてあり「ご自由にお使いください」と書いてある場合もあります。必要になったら自分で散布することもできます。

Sponsored Link