スタッドレスタイヤや冬装備は終わっていますか

雪のひるがの高原SA

いよいよウィンターシーズンの幕開けです。つまり、道にも雪が積もり始めます。シーズン最初の雪道ドライブはやはり緊張するものです。昨日、早朝に東海北陸道を運転したのですが、ひるがのSAから白川郷付近までは道にもうっすらと雪があり緊張しました。夕方には無くなっていたのですが、明日の早朝は注意した方が良さそうですね。

東海北陸道はチェーン規制のように冬装備が必要な規制が度々入ります。名古屋方面から北上する場合スタッドレスタイヤは問題ありませんが、ノーマルタイヤの場合どこでチェーン装着するのかがポイントになります。

白鳥ICより先は2車線から1車線になります。そして急に雪も増え始めますので、白鳥ICからチェーン規制が出ている場合は、白鳥ICでチェーンを装着した方が無難ですし、他の車に迷惑をかけません。時々見かける光景ではトンネル内でチェーンを巻いてる車がいます。外は雪が降っているからだと思いますが、非常に危険ですし渋滞する原因にもなりますので、絶対に止めましょう。

次ぎにスタッドレスタイヤに交換した時は空気圧チェックも忘れないようにしましょう。タイヤショップで交換すれば確認もしますが、自分で交換する場合は1年も経てば空気も減りますので補充を忘れずにね。

そして、忘れてならないのでウィンドーウォッシャー液。雪道では窓ガラスも直ぐに汚れ使う機会が増えます。空になっていると汚れたままで前が見にくくなります。必ずチェックしましょう。なお、日頃ボンネットを開けない人も多いと思いますが、いざという時は自分で入れる必要がありますので、注入口はどこか確認はしておいて下さいね。

Sponsored Link


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ