白鳥IC~高鷲IC間ほかの4車線化工事が完成

東海北陸道

やっと、スキーシーズン前にして渋滞していた白鳥IC~高鷲IC間の4車線化が完了です。今年から少し早く付けそうですね!以下、プレスリリースです。

NEXCO中日本は、E41 東海北陸自動車道(東海北陸道)白鳥インターチェンジ(IC)から飛騨清見IC間の4車線化事業について、2018年度内の全線完成を目指し、鋭意工事を進めています。
このうち、白鳥ICから高鷲IC間(8㎞)は11月30日(金)15時、ひるがの高原サービスエリア(SA)から飛騨清見IC間(26km)は12月8日(土)6時から4車線でご利用いただけることになりましたので、お知らせします。

本格的なスキーシーズンが始まる前までに、白鳥ICから高鷲IC間の4車線化運用を開始することで、この区間における冬季の渋滞が概ね解消され、安全でスムーズにご利用いただけます。
残る高鷲ICからひるがの高原SA間につきましては、2018年度内の完成を目指し、引き続き、鋭意工事を進めてまいります。

また、「平成30年7月豪雨」により被災したのり面につきましては、本復旧工事中で、2019年度内の完成を目指し、工事を進めてまいります。のり面復旧工事中の区間は、白鳥ICから飛騨清見IC間の4車線化事業の完成後も引き続き、暫定的に2車線でのご利用となります。十分注意してご走行いただきますようお願いします。

高速道路の割引と奥美濃エリアのスキー場のリフト券等がセットでお得

そして、白鳥IC~高鷲IC間ほかの4車線化工事完成記念 速旅「岐阜奥美濃エリア スキードライブプラン」が1月からスタート ~高速道路の割引と奥美濃エリアのスキー場のリフト券等がセットになったプランが登場します。

2019年1月7日(月)から3月24日(日)までの期間にご利用いただける、「高速道路の定額利用(周遊エリア内乗り放題)」と「スキーリフト券等」をセットにしたETC車限定の「速旅(はやたび)岐阜奥美濃エリア スキードライブプラン」を2018年12月3日(月)から発売。

くわしくは、こちら