チェース必須というニュース報道について

スタッドレスタイヤ

(追加)上の写真は、2016年11月29日の札幌大通り公園の様子です。出張でたまたま札幌に来ています。今年の北海道の雪は早いですが、チェーン装着車なんて皆無でした。みなさんスタッドレスタイヤでしたよ。当然ですよね。

雪道を運転する時、夏用タイヤにはチェーンを付けましょう!と教習所で習ったと思いますが。今回はそんな話ではありません。

このたび、国土交通省が積雪路で立ち往生した車に罰金を科す方針である、という報道がされ、誤解が誤解を生んでいます。テレビ局も間違った解説を流し、あたかも本当に様に・・・というお話です。

テレビ番組によると、たとえスタッドレスタイヤを履いたクルマであっても、チェーンを付けずに道路上で立ち往生したら罰則が設けられるというのだ。そして、5パーセント以上の勾配のある坂道ではスタッドレスタイヤではNGと。

ちょっと待って!これって完全な誤報ですよ。雪国では、いまどきチェーンを付けているクルマなどみかけないでしょ?みんなスタッドレスタイヤですよ。チェーンもしくはスタッドレスタイヤを装着していないと罰則という意味でしょ。

高速道路を走行中にチェーン規制の表示を見たことはありませんか?ICやSAで走行車線を規制して係員がタイヤチェックをしている事がありますが、4輪スタッドレスタイヤはOKですよ。

もちろんチェーン装着したらOKですが、スタッドレスタイヤを4輪に装着していてもOK。チェーンでなければダメという場合もあるが、極めて例外だ。高速道路においてスタッドレスタイヤで走れない状況は特殊で、そんな状況になれば通行止めにしないと危険である。

また、5パーセント以上の勾配で走れないなんてことはありません。特殊な道を除いてはスキー場へ続く道も勾配がありますが、雪が積もっていてもスタッドレスタイヤで十分登れます。

Sponsored Link


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ