金属製タイヤチェーンのトラブル増加

金属製タイヤチェーンのトラブル

国民生活センターより、金属製タイヤチェーン使用時のトラブルについて発表がありました。

自動車で積雪路や凍結路等を走行する際に、滑り止めのためにタイヤに取り付けるタイヤチェーンには、接地面が金属製の鎖等でできている金属製チェーンと、ウレタンやゴムでできているタイヤ滑り止め装置(以下、非金属製チェーン)等があります。昨年度の販売数量は金属製チェーンが約40万ペア、非金属製チェーンは約24万ペアで、金属製チェーンの方が販売数が多くなっています。

PIO-NETには過去5年間でタイヤチェーン(金属製・非金属製両方を含む)の安全・品質に関する相談が89件(注3)見られました。89件の中でも57件(64.0%)が南関東であり、日本の総人口に対する南関東の人口比(約28%)を考慮しても非常に多く見られました。これは冬季でも積雪が少なくタイヤチェーンを使用する機会がないために、チェーンの使用に不慣れな人が急な積雪に対して使用することがあるためと考えられます。

商品テスト部では、過去5年間に金属製チェーンについて走行中の破断に関する4件のテスト依頼があり、切れたチェーンによって車体が傷付いたりブレーキが利きにくくなって雪の壁に衝突したりするなどの拡大損害も発生していました。テストの結果、チェーン自体の強度が不足していたと考えられるものや溶接不良のものもありました。

そこで、金属製チェーンの使用実態に関するアンケート調査を実施するとともに、販売数量が多い金属製チェーンを使う上での注意点を消費者に情報提供することを目的とします。

アンケート調査結果

●約6割の人が備えとして購入していました
●約4割と多くの人が使用時のトラブルを経験しており、走行中に「チェーンが緩んだ」が最も多く、次いで「チェーンが切れた」と続きました
●チェーンが緩んだ、または切れた人の2割以上が車体等に何らかの損傷を受けていました
●チェーンが緩んだ、または切れた人の約4割が30km/hを超える速度での走行でトラブルに遭っていました
●チェーンが緩んだ人の約7割は積雪路や凍結路面、切れた人の約5割はアスファルト路面を走行中にトラブルに遭っていました
●チェーンが緩んだ、または切れた人の7割以上が100km以下の走行距離でトラブルに遭っていました

まとめ

これらのトラブルは普段は雪が降らない地方の人が急に降った雪にチェーンを付け発生することが多いようです。年に1回使うか使わないかなので価格の安い金属チェーン所有者が多いことが一因になっています。

スキー場へ行くことがあればスタッドレスタイヤをオススメします。まず、途中でチェーンを付ける場合はスペースを見つけないと行けませんし、寒い中での作業になりますし、特に雪が降っている中では作業したくありませんよね?

どうしてもチェーンを付ける場合は事前に装着の練習をしておきましょう。それか簡単に装着できる非金属チェーンにしましょう。金属チェーンは完全な圧雪路面ではいいのですが、少し雪があってところどころアスファルトが見えているような路面では振動も大きくなりますし、切れやすくなりますので。

Sponsored Link


スタッドレスタイヤや冬装備は終わっていますか

雪のひるがの高原SA

いよいよウィンターシーズンの幕開けです。つまり、道にも雪が積もり始めます。シーズン最初の雪道ドライブはやはり緊張するものです。昨日、早朝に東海北陸道を運転したのですが、ひるがのSAから白川郷付近までは道にもうっすらと雪があり緊張しました。夕方には無くなっていたのですが、明日の早朝は注意した方が良さそうですね。

東海北陸道はチェーン規制のように冬装備が必要な規制が度々入ります。名古屋方面から北上する場合スタッドレスタイヤは問題ありませんが、ノーマルタイヤの場合どこでチェーン装着するのかがポイントになります。

白鳥ICより先は2車線から1車線になります。そして急に雪も増え始めますので、白鳥ICからチェーン規制が出ている場合は、白鳥ICでチェーンを装着した方が無難ですし、他の車に迷惑をかけません。時々見かける光景ではトンネル内でチェーンを巻いてる車がいます。外は雪が降っているからだと思いますが、非常に危険ですし渋滞する原因にもなりますので、絶対に止めましょう。

次ぎにスタッドレスタイヤに交換した時は空気圧チェックも忘れないようにしましょう。タイヤショップで交換すれば確認もしますが、自分で交換する場合は1年も経てば空気も減りますので補充を忘れずにね。

そして、忘れてならないのでウィンドーウォッシャー液。雪道では窓ガラスも直ぐに汚れ使う機会が増えます。空になっていると汚れたままで前が見にくくなります。必ずチェックしましょう。なお、日頃ボンネットを開けない人も多いと思いますが、いざという時は自分で入れる必要がありますので、注入口はどこか確認はしておいて下さいね。

Sponsored Link


奥美濃地方のスキーOPEN情報(12月12日現在)

スキー場OPEN

奥美濃地方のスキーが続々とOPEN!今OPENしているスキー場はどこか!?明日以降は雪予報が出ています。滑走可能なコースも増えそうです!!

スキー場近郊や岐阜県内のコンビニには割引クーポンが置いてありますので、利用してみては?ひるがのSAにはサークルKが併設されていますので、立ち寄りましょう!

高鷲スノーパーク

(追加)12/16OPENしました! まだOPENしていません。今週OPENを目標です!

ダイナランド

12/10(土)~OPENしました!~12/16(金)の期間限定で、リフト券などがおトクになるオープニングキャンペーンを実施中!

【オープニング価格】

リフト1日券 大人 通常¥4,900 ⇒ ¥3,100
リフト1日券 小人 通常¥2,000 ⇒ ¥1,000
駐車料金 1日 通常1,000/1台 ⇒ ¥0

ワシトピア(鷲ヶ岳スキー場、ホワイトピア高鷲)

OPENしています。オープニングキャンペーンを実施中でリフト券と駐車代がお得です。

ウィングヒルズ白鳥

OPENしています。只今、アルペン・スポーツデポで賞品1万円以上ご購入で、ウイングリフト優待券進呈中!平日なら1日券が500円!土日祝なら1日券が2700円!12/30まで。

ひるがの高原スキー場

OPNEは未定です。ここは毎年遅いので天然雪を期待するしか・・・しかし、中級・上級者は少なく初心者天国で空いているスキー場です。

めいほうスキー場

12/12(月)OPENしました。12月22日まで1日券が大人3500円、子供1500円、駐車場は無料になっています。他のスキー場と方角が少し違って郡上八幡ICからせせらぎ街道を高山方面に行きます。

Sponsored Link


チェース必須というニュース報道について

スタッドレスタイヤ

(追加)上の写真は、2016年11月29日の札幌大通り公園の様子です。出張でたまたま札幌に来ています。今年の北海道の雪は早いですが、チェーン装着車なんて皆無でした。みなさんスタッドレスタイヤでしたよ。当然ですよね。

雪道を運転する時、夏用タイヤにはチェーンを付けましょう!と教習所で習ったと思いますが。今回はそんな話ではありません。

このたび、国土交通省が積雪路で立ち往生した車に罰金を科す方針である、という報道がされ、誤解が誤解を生んでいます。テレビ局も間違った解説を流し、あたかも本当に様に・・・というお話です。

テレビ番組によると、たとえスタッドレスタイヤを履いたクルマであっても、チェーンを付けずに道路上で立ち往生したら罰則が設けられるというのだ。そして、5パーセント以上の勾配のある坂道ではスタッドレスタイヤではNGと。

ちょっと待って!これって完全な誤報ですよ。雪国では、いまどきチェーンを付けているクルマなどみかけないでしょ?みんなスタッドレスタイヤですよ。チェーンもしくはスタッドレスタイヤを装着していないと罰則という意味でしょ。

高速道路を走行中にチェーン規制の表示を見たことはありませんか?ICやSAで走行車線を規制して係員がタイヤチェックをしている事がありますが、4輪スタッドレスタイヤはOKですよ。

もちろんチェーン装着したらOKですが、スタッドレスタイヤを4輪に装着していてもOK。チェーンでなければダメという場合もあるが、極めて例外だ。高速道路においてスタッドレスタイヤで走れない状況は特殊で、そんな状況になれば通行止めにしないと危険である。

また、5パーセント以上の勾配で走れないなんてことはありません。特殊な道を除いてはスキー場へ続く道も勾配がありますが、雪が積もっていてもスタッドレスタイヤで十分登れます。

Sponsored Link


今年は雪が少なかった

高鷲スノーパーク

今年は雪が少ない!ゲレンデ以外に雪は無く、ノーマルタイヤで大丈夫です。今年のシーズンも終わりですね。

Sponsored Link


渋滞発生箇所と特徴

高鷲スノーパークのある奥美濃エリアはスキーが集中している事と東海北陸自動車道が名神高速道路と接続し、インターを降りてからスキー場までは近いこと、主な一般道も国道156号線しかない、等の理由から人が集中する週末は必ずと言ってよいほど渋滞が発生します。

特に東海北陸道が白鳥ICまで4車線化されてから、国道156号線の渋滞は緩和されました。しかし、行きの場合週末や祝祭日の午前中は必ず対面通行になる白鳥ICから渋滞が発生します。その場合は1つ手前のぎふ大和ICで降り、国道156号線に降りた方が渋滞が避けられます。ただし、高鷲ICから下りて来た車と合流してからスキー場までは慢性的に渋滞しますので、時間に余裕を持って出かけて下さい。


大きな地図で見る

帰りの場合、高鷲IC~白鳥IC間は片側1車線ですから週末や祝祭日の夕方15時以降は渋滞します。高鷲ICから入る場合ゲートの外まで渋滞の列が発生します。ひるがのSAから入る場合も高鷲IC手前から渋滞しますので時間的には変わらないでしょう。合流後も白鳥ICまでは渋滞しますので、その場合は国道156号線で白鳥ICまで行き。そこから東海北陸自動車道に入ればこの渋滞は避けられます。どのパターンが良いかは運次第かな。

最新情報

2017年1月22日
雪道ドライブ
金属製タイヤチェーンのトラブル増加
国民生活センターより、金属製タイヤチェーン使用時のトラブルについて発表がありました。 自動車で積雪路や凍結路等・・・
2016年12月16日
雪道ドライブ
スタッドレスタイヤや冬装備は終わっていますか
いよいよウィンターシーズンの幕開けです。つまり、道にも雪が積もり始めます。シーズン最初の雪道ドライブはやはり緊・・・
2016年12月12日
ニュース
奥美濃地方のスキーOPEN情報(12月12日現在)
奥美濃地方のスキーが続々とOPEN!今OPENしているスキー場はどこか!?明日以降は雪予報が出ています。滑走可・・・
2016年11月26日
ニュース
チェース必須というニュース報道について
(追加)上の写真は、2016年11月29日の札幌大通り公園の様子です。出張でたまたま札幌に来ています。今年の北・・・
2016年3月27日
ニュース
今年は雪が少なかった
今年は雪が少ない!ゲレンデ以外に雪は無く、ノーマルタイヤで大丈夫です。今年のシーズンも終わりですね。 Spon・・・
サブコンテンツ

このページの先頭へ